TOP > JAPANESE/GOODS/OTHERS > GS/60-70'S > タモリ , Tamori - TAMORI 2 [ LP ]





Share on Myspace
タモリ , Tamori - TAMORI 2 [ LP ]
「 セルジオ・メンデル&ブラジル69 / アカイベベ 」 、 「 ペリー・オコモとデューク・エリート楽団 / ええ列車で行こう 」 など、ハイセンスな“ 言いまつがい ” が展開される、コレぞ ” タモリの音楽は世界だ! ”現在放送中の 『 ヨルタモリ 』 でその密室芸人ぶりを見せつけているご存知 「 タモリ 」 が 1980 年にリリースした通算 2 枚目のアルバム。

★sample:

♪ アカイベベ

♪ ええ列車で行こう

♪ きょうのお料理 「 ハナモコシのシェネ地中海風 」


---------------------

レコード番号 : ETP-80060
プレス国 : JPN
リリース年 : 1980
レコード : EX
ジャケット : EX

---------------------

Side-A

■教養講座“音楽の変遷その1”
旋律の源とその世界的波及について
講師:中州産業大学芸術学部西洋音楽理論
森田一義助教授

《使用曲》
( 1) シャンソン「パリの屋根の下にテームズ河は流れていない」(ボリス・シュバリエ)
( 2) 童謡「あぶらむし」(六十嵐澄芳)
( 3) 韓国民謡「ワラジ」(歌唱者不明)
( 4) 中国民謡「熊猫深山」(歌唱者不明)
( 5) ムード歌謡「富士見荘ブルース」(富士山田弘とプール・サイド)
( 6) アルゼンチン・タンゴ「バラ肉のタンゴ」(カルロス・デルゲソ)
( 7) カンツォーネ「この胸のとどろきを」(イジール・チンクァエッティ)
( 8) ハワイアン「ウイ・アイ・カウ・アイ・パイ」(ドン・アホー)
( 9) スイング・ジャズ「ええ列車で行こう」(ペリー・オコモとデューク・エリート楽団)
(10) カントリー&ウェスタン「アイ・ウォーク・ザ・サイン」(ハンコ・オスノー)
(11) 和製ロックンロール「ハイエナ・パパ」(チャコ高野)
(12) ロシア民謡「ウオトカの舟酔」(ドン・コサクニン合唱団)
(13) フラメンコ「曲目不明」(歌唱者不明)
(14) ニュー・ミュージック「鰯雲」(さるまたし)
(15) ボサノバ「アカイベベ」(セルジオ・メンデル&ブラジル69)
(16) ヒット歌謡「サンスター」(ピンカラ・レディー)
(17) メンデル作曲「オーボエとフルートのための協奏曲“種の起源”」(イ・チジク合奏団)

Side-B

■タモリのバラエティー・ショー Vol.2
( 1) 信濃路ツアー(於・国際経済バス車中)出発から好立松付近
( 2) きょうのお料理「ハナモコシのシェネ地中海風」《信濃路ツアー・三流れ川付近》
( 3) 古典落語「めけせけ」《信濃路ツアー・さんさしぐれ鳥居付近》
( 4) 講談「材木屋吉兵衛 吉兵衛出世の巻」《信濃路ツアー・田園風景》
( 5) ピアノ・ジョッキー「夜をあなたと」《信濃路ツアー・潅漑用水湖上》


★商品説明:

大学教授に扮したA面 「 音楽の変遷 その 」 では 「 Sergio Mendes 」 をパロッたボサノヴァ・ナンバー " アカイベベ " などジャンソン、韓国民謡、アルゼンチン・タンゴ、 スウィング・ジャズ、ボサノバなどなど世界各国の 楽曲を解説を挟みそれっぽい歌詞で歌った楽曲を収録。
B面には 「 きょうのお料理 “ ハナモコシのシェネ地中海風 ”」などの「 タモリのバラエティー・ショー Vol.2 」を収録。編曲は 「 クニ河内 」 で、 演奏には 「 石川晶 」 、 「 中牟礼貞則 」 、サウンドエフェクターに 「 赤塚不二夫 」 も参加。


★備考 / 簡易説明:

[LP][日本盤] 盤/ジャケ [EX/EX] ALFA/TOSHIBA/EXPRESS/JP/ETP-80060/STEREO/帯欠


★キーワード

タモリ
Comic Song
Comedy
Kayo-kyoku/Folk/Idol POP/60's-80's
お笑い

型番 [exex] Tamori - TAMORI 2-lp
販売価格 2,280円(税込)
在庫数 1[枚] お早めに!
購入数




知られざる傑作の提案SECRET ITEMコンディション不良/在庫過多Survice Price
特にオススメな作品RECOMMENDお、値段以上。:Price Downスマホでも試聴可能に在庫アイテムを再更新:サンプル音源再UP

for Foreigner

If you'd like to order records to us, please use and send the 'Contact Form'