TOP > JAPANESE/GOODS/OTHERS > J-POP/ROCK > 大瀧詠一 , Eiici Ohtaki , 山下達郎 , Tatsuro Yamashita , 伊藤銀次 , Ginji Ito - ナイアガラ・トライアングル Vol.1 [ LP ]





Share on Myspace
大瀧詠一 , Eiici Ohtaki , 山下達郎 , Tatsuro Yamashita , 伊藤銀次 , Ginji Ito - ナイアガラ・トライアングル Vol.1 [ LP ]
「 シュガー・ベイブ 」 時代の未発表曲で、後のソロ名義ヴァ−ジョンとは異なる 「 山下達郎 / パレード 」 はコチラに収録!
他、 「 伊藤銀次 / 幸せにさよなら 」 、ドラム・ブレイクから始まる 「 ウルフルズ 」 が 「 大阪ストラット 」 というタイトルでカヴァーした 「 大瀧詠一 / FUSSA STRUTT 」 など収録。大滝、山下、伊藤という 3 人の個性が集結した名作トライアングル!
「 レコード・コレクターズ増刊 CITY POP 1973-2019 」 、「 JAPANESE CITY POP 」 、 「 LIGHT MELLOW 和モノ669 / SPECIAL 」 掲載。*初版 / 1976 年 / 日本コロンビア / LQ規格。


★sample:

♪パレード

♪Fussa Strut Part-1

♪日射病


---------------------

レコード番号 : LQ-7001-E
プレス国 : JPN
リリース年 : 1976
レコード : EX
ジャケット : EX

---------------------

Side-A

01 ドリーミング・デイ
02 パレード
03 遅すぎた別れ
04 日射病
05 ココナツ・ホリデイ '76

Side-B

06 幸せにさよなら
07 新無頼横町
08 フライング・キッド
09 FUSSA STRUT PART - 1
10 夜明け前の砂浜
11 ナイアガラ音頭


★商品説明:

【RECOMMEND】

フジテレビ系 『 ポンキッキーズ 』 のエンディング・テーマとして後に使用され、より多くの層からの支持を集めることとなったヴァージョンとは違い、イントロのピアノ・ソロとエンディングの“お祭りSE”ヴァージョンがカットされていない前述名曲をはじめ、" ドリーミング・ディ " 、" 日射病 " 、 " Fussa Strut Part-1 " 、そしてボーカルを元 「 ブルース・クリエイション/DEW 」 で、以前から大滝と親交のあった 「 布谷文夫 」 が担当した " ナイアガラ音頭 " などなど..。「 ココナッツ・バンク 」 を解散した 「 伊藤銀次 」 、同じく 「 Sugar Babe 」 を解散した
「 山下達郎 」 、そして御大 「 大滝詠一 」 というラインナップによるシリーズ1枚目は、三者三様のプロデュース力が魅力の1枚であり、また、J-POPのルーツとも言うべき名作コラボレ-ション。元々 「 ナイアガラ 」 レーベルの構想では、大滝、シュガー・ベイブ、ココナツ・バンクの三組をレーベルが擁するハズだったものが、バンドのそれぞれの解散や 「 エレック 」 の倒産等のゴタゴタにより、それまでのレーベルの総決算の意味合いもありリリースされた、後のシーン全体に与えた影響はかなりデカイであろう、ジャパニーズ・ポップスの名盤。


★備考 / 簡易説明:

[LP][日本盤] 盤/ジャケ [NM/EX] 1976/NIAGARA-NIPPON COLUMBIA/JP/LQ-7001-E/STEREO/帯欠/インサート付(w,insert)


★キーワード

大瀧詠一
山下達郎
伊藤銀次
シュガー・ベイブ
Japanese POP
J-Pop/Rock
City POP/AOR Light Mellow/S.S.W.
レコード・コレクターズ
JAPANESE CITY POP
LIGHT MELLOW 和モノ669 / SPECIAL

型番 [exex] Niagara Triangle Vol.1 -lp
販売価格 3,880円(税込)
在庫数 0[枚] ( out of stock ) 完売致しました。買取もお待ち致しております。




知られざる傑作の提案SECRET ITEMコンディション不良/在庫過多Survice Price
特にオススメな作品RECOMMENDお、値段以上。:Price Downスマホでも試聴可能に在庫アイテムを再更新:サンプル音源再UP

for Foreigner

If you'd like to order records to us, please use and send the 'Contact Form'