TOP > BRAZIL/LATIN > BOSSA NOVA/JAZZ BOSSA > Aecio Flavio Sexteto , Berimbau Trio , V.A. / Musica Popular Brasileira Em Expansao / LP





Share on Myspace
Aecio Flavio Sexteto , Berimbau Trio , V.A. / Musica Popular Brasileira Em Expansao / LP
*ご予約受付中!!こちらの商品は2017年10月25日(水)発売予定です。<以下・ご理解下さい>これは予約受付中の商品です。限定商品のためショートする可能性があります。その際は、キャンセルとさせて頂く場合がございますことも予めご理解・ご了承ください。コチラの商品を含んだご注文の場合のお届けは発売日以降となります。※ご予約後のキャンセルはお受けできません。詳細は商品ページ下部リンク先にてご確認ください。。以上、あらかじめご了承の上ご予約・ご注文ください。

本年最大の驚き!! 1965 年、あの 「 ミルトン・ナシメント 」 がソロ・デビュー前に吹き込んだ、知る人ぞ知る逸品が世界初復刻!

ブラジルを代表するシンガーソングライター、 「 ミルトン・ナシメント 」 。1967年のデビュー以降、ブラジルだけでなく北米のジャズ・シーンでも活躍するなどブラジルを代表する世界的音楽家の一人である。そんなミルトンだが、実はソロ・デビュー前に何枚かの作品に参加していた。そのうちの一枚がミナスのマイナー・レーベルに残された本作『ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ・エン・エクスパンサォン』。なんといっても冒頭曲 " カンサォン・ド・サル / Cancao Do Sal " が目玉だろう。ミルトン自身の代表曲でもあるこのトラックから聴こえてくるのは、紛れもなくミルトン本人の声。しかも後に世界を魅了する「あの声」をこの時点で惜しげもなく披露しているのだから驚きである。もちろん、珍しいけれど内容はイマイチ、といった類のレコードではない。当時のミナスを代表する音楽家だったアエシオ・フラヴィオ率いるセステート、 「 ミルトン・ナシメント 」 がウッドベースを弾く 「 ビリンバウ・トリオ 」 、そして詳細不明ではあるものの確かな演奏を聴かせる 「 キンテート・サンバチーダ 」 。ミナスを拠点に活動していたバンドがボサノヴァ・スタンダードを取り上げたというその内容も一級品で、ジャズボサ・アルバムとしても高く評価されている。

Sub Genre:Bossa Nova/Jazz Bossa , World Music
邦題/サブタイトル:ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ・エン・エクスパンサォン[LP][輸入盤] 盤/ジャケ [M/M] 【New Item/Re-Issue】2017/THINK! RECORDS/JP/THLP432





型番 LP-040300(M/M)
販売価格 3,500円(税込)
在庫数 3[枚]
購入数




知られざる傑作の提案SECRET ITEMコンディション不良/在庫過多Survice Price
特にオススメな作品RECOMMENDお、値段以上。:Price Downスマホでも試聴可能に在庫アイテムを再更新:サンプル音源再UP

for Foreigner

If you'd like to order records to us, please use and send the 'Contact Form'